Top >  ユーキャン医療事務講座学習内容 >  注射の種類について

注射の種類について

注射とは病気の予防や

早く改善したいときに使用されます。


また注射の種類としていくつかあります。


【皮内・皮下、筋肉注射】


・表皮と真皮の間に薬液を注入する皮内注射


・皮下組織内に薬液を注入する皮下注射


・お尻などに薬液を注入する筋肉内注射


皮内、皮下、筋肉内の3つを合わせて

皮下筋注と呼ばれています。


【静脈内注射】


肘の内側にある静脈血管に薬液を注入する静脈内注射。

速やかな薬剤の効果があり、緊急時の注射に使われます。


【その他の注射】


点滴注射や関節腔内注射、

そして腱鞘内注射や中心静脈注射などあります。


・大量の薬液を静脈内に注入する点滴注射


・アキレス腱炎などで直接薬液を注入する腱鞘内注射


・膝や肘などに直接注射針を入れて薬液を注入する関節腔内注射


・心臓に近い上大静脈にカテーテルを刺して

 注射薬を注入する中心静脈注射


の種類があります。


沢山の種類があり、

私は混乱してしまいました・・・。


< 注射の種類の学習ポイント >


・注射の種類によって注射手技料も変わってくる


・薬剤料の算定では投薬と異なるので

 規格や単位が様々あり、算定のときは確認しておく。


以上のことに気を付けておきましょう。

         

ユーキャン医療事務講座学習内容

ここでは、医療事務の学習内容について
書かれています。

どのような内容なのか、
またどのようなことに気を付け
学習したら良いのかが書かれています。

このカテゴリ内の記事


医療事務の学習プランについて
レセプト作成について
カルテ管理について
時間外加算について
投薬量の算定(院内・院外処方)
注射の種類について
処置料について
医療事務の勉強のコツについて


ユーキャン医療事務講座の特徴

ユーキャン医療事務講座の詳細

ユーキャン医療事務講座学習内容

ユーキャン医療事務講座勉強法

ユーキャン医療事務講座スケジュール

医療事務資格の種類

医療事務の教育訓練給付制度

医療事務に役立つ資格

医療事務 通学講座について






Yahoo!ブックマークに登録