Top >  ユーキャン医療事務講座学習内容 >  処置料について

処置料について

処置料とは10種類あり


・一般処置


・救急処置


・皮膚科処置


・頻尿器科処置


・産婦人科処置


・眼科処置


・耳鼻咽喉科処置


・整形外科的処置


・栄養処置


・ギブス


の10種類なのです。


上記に挙げた各処置には細かい規定があり

処置料を算定しているのです。


例として一般処置の場合は切り傷やヤケドなどの

創傷部分の処置範囲が5段階に設定されているので

その範囲で算定の点数が変わって来るのです。


処置として使われた薬剤や材料も算定に入り

処置料の算定条件でもあるため、

気を付けなければならないのです。


また特定保険医療材料の場合は算定出来るため

点数票で確認しておく必要があるのです。


< 学習ポイント >


・処置料の所定点数は1回の処置の手技料であって

 入院や外来は共通算定となる


・処置料の時間外や休日、深夜加算は

 処置の所定点数が150点以上でないといけないので注意する


・処置で使用する薬剤料の場合は薬剤の合計金額が

 15点以下であれば算定出来ない


などといったことに注意して学習して下さいね。

         

ユーキャン医療事務講座学習内容

ここでは、医療事務の学習内容について
書かれています。

どのような内容なのか、
またどのようなことに気を付け
学習したら良いのかが書かれています。

このカテゴリ内の記事


医療事務の学習プランについて
レセプト作成について
カルテ管理について
時間外加算について
投薬量の算定(院内・院外処方)
注射の種類について
処置料について
医療事務の勉強のコツについて


ユーキャン医療事務講座の特徴

ユーキャン医療事務講座の詳細

ユーキャン医療事務講座学習内容

ユーキャン医療事務講座勉強法

ユーキャン医療事務講座スケジュール

医療事務資格の種類

医療事務の教育訓練給付制度

医療事務に役立つ資格

医療事務 通学講座について






Yahoo!ブックマークに登録