Top >  ユーキャン医療事務講座学習内容 >  カルテ管理について

カルテ管理について

医療事務には日常業務と請求義務があり

カルテ管理は日常業務です。


カルテとは患者さんの保険証の記載内容や

診察内容が書き込まれていて

重要な情報が沢山あります。


病状の経過などは医師が記載します。


しかし患者さんの生年月日や住所、性別、

保険証の記載内容の入力作業などといった業務は

医療事務のスタッフが処理します。


今では電子カルテを使用している病院があるそうです。


その場合はコンピュ―ターで管理されていますが

手書きの場合はカルテ室から取りださなければならないので

管理がしっかりしていないといけません。


結果的にカルテを参考にして診察報酬を算定して

患者さんの窓口負担額を請求するのです。


手書きカルテや電子カルテの両方に共通することは

診察が行われる度に新しい情報が書かれています。


その為、管理や作成の際には

慎重さに欠けてはいけません。


カルテ管理の学習のコツは


・カルテの収納や管理の場合は慎重に行うこと


・月に1回保険証とカルテの内容確認は必ず忘れないこと


・カルテの診断内容を正確に読み取るようにする


・保険者番号や記号など大切な情報転記ミスはしないようにする


以上のことをに気を付けて下さい。

         

ユーキャン医療事務講座学習内容

ここでは、医療事務の学習内容について
書かれています。

どのような内容なのか、
またどのようなことに気を付け
学習したら良いのかが書かれています。

このカテゴリ内の記事


医療事務の学習プランについて
レセプト作成について
カルテ管理について
時間外加算について
投薬量の算定(院内・院外処方)
注射の種類について
処置料について
医療事務の勉強のコツについて


ユーキャン医療事務講座の特徴

ユーキャン医療事務講座の詳細

ユーキャン医療事務講座学習内容

ユーキャン医療事務講座勉強法

ユーキャン医療事務講座スケジュール

医療事務資格の種類

医療事務の教育訓練給付制度

医療事務に役立つ資格

医療事務 通学講座について






Yahoo!ブックマークに登録