Top >  ユーキャン医療事務講座学習内容 >  投薬量の算定(院内・院外処方)

投薬量の算定(院内・院外処方)

院内処方の場合は医師の処方から

薬剤を渡すまでの業務になります。


その算定内容は薬剤料や

薬剤をその人に合わせて作る調剤料。


患者さんの病状のことなどを考えたり、

薬材料などを考える費用で処方料。


麻薬や覚せい剤料などの

麻毒加算というものが付きます。


また院外処方とは医師は処方のみを行い

院内では患者さんに薬剤を直接渡すことはありません。


そして院外処方箋を交付して、投薬の場合は

院外の調剤薬局に行くことになります。


その理由で算定の場合は処方箋料のみとなっていて

薬剤料は加算されないのです。


< 投薬量の算定の学習ポイント >


・投薬量の算定の場合、最も大切なことは

 処方内容を確実に読めるようにしておくことや

 投薬基準で正確に薬剤を調べて検索すること


・院内処方は入院患者と外来患者のそれぞれ

 違う算定項目があるので要注意。


・院外処方箋を交付したときは薬材料は算定出来ない


・院外処方は後発医薬品が含まれるか含まれないかによって

 点数が変わってくるので確認しておく


などです。


以上のことに注意して学習しましょう。

         

ユーキャン医療事務講座学習内容

ここでは、医療事務の学習内容について
書かれています。

どのような内容なのか、
またどのようなことに気を付け
学習したら良いのかが書かれています。

このカテゴリ内の記事


医療事務の学習プランについて
レセプト作成について
カルテ管理について
時間外加算について
投薬量の算定(院内・院外処方)
注射の種類について
処置料について
医療事務の勉強のコツについて


ユーキャン医療事務講座の特徴

ユーキャン医療事務講座の詳細

ユーキャン医療事務講座学習内容

ユーキャン医療事務講座勉強法

ユーキャン医療事務講座スケジュール

医療事務資格の種類

医療事務の教育訓練給付制度

医療事務に役立つ資格

医療事務 通学講座について






Yahoo!ブックマークに登録