Top >  医療事務に役立つ資格 >  医事オペレータ技能認定試験

医事オペレータ技能認定試験

医事オペレータ技能認定試験とは

医療事務業務のコンピュータ化によって

医療機関で医事オペレーターの知識や技能の程度を評価します。


また社会的経済的地位を上げるための

目的で実施しているそうです。


合格率は約76%。


受験資格は2級のメディカルクラークを取得していて

認定委員会が認定機関で認める医事オペレーター技能認定試験です。


受験資格に関する教育訓練ガイドラインに適している

医事コンピュータ教育課程を履修した人が対象です。


受験科目はコンピュータ操作の実務試験で

外来や入院の診療伝票や患者情報、そして

病名情報や診療情報を入力してレセプトを発行まで行う。


実施時期は年に12回あります。


受験料は7500円で

受験地は全国の指定会場となります。


また合否は70%が合格で

合格発表は試験日から1ヵ月後に

郵送で通知されるそうです。


資格概要として医療事務業務のコンピュータ化により

医療機関のニーズが高くなっており医事オペレーターの

知識や技能を評価するためです。


また、社会的経済的地位を上げることを

目的としているためなのです。

         

医療事務に役立つ資格

医療事務の資格のほかにも
医療事務に役立つ情報があったので
記事にしました。

このカテゴリ内の記事


歯科事務の詳細
調剤情報実務能力検定試験
医療保険調剤報酬事務士
調剤報酬請求事務専門士検定
診療情報管理士
診療情報管理技能認定試験
医事オペレータ技能認定試験
医事コンピュータ技能検定試験


ユーキャン医療事務講座の特徴

ユーキャン医療事務講座の詳細

ユーキャン医療事務講座学習内容

ユーキャン医療事務講座勉強法

ユーキャン医療事務講座スケジュール

医療事務資格の種類

医療事務の教育訓練給付制度

医療事務に役立つ資格

医療事務 通学講座について






Yahoo!ブックマークに登録